大阪府大阪市北区梅田1丁目3番1号大阪駅前第一ビル5F 4-4号
0120-010-015
9:30~18:30(土・日・祝休)

関連サイト コラム一覧

2017/10/13/

「免責時間のない出力補償制度」で出力制御発生時に即損失カバー!

2017年7月、九州電力が太陽光発電の出力制御への対応を要請したことは、業界でも大きな話題となりました。

今後、多くの発電事業主様が抑制に対する不安を抱えながら事業を行うことになりそうです。

そんな中、『免責時間のない出力制御補償』ができ、注目を集めています。当協会でも取扱い可能な補償ですので、今回はその詳細についてご紹介したいと思います。

2017/09/11/

自家消費太陽光で法人税100%即時償却

かつては補助金や優遇制度を利用できたFITですが、2017年8月現在ではこれらを利用できるFIT投資の太陽光発電はありません。

そのため、法人税のやりくりに悩む方々の選択肢から太陽光発電という発想そのものが消えつつあるという方もいるようです。

しかし、設置すること自体に大きなメリットがある太陽光発電。何か他の方法で税制対策が出来ればまだまだ諦めたくないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、法人税の100%即時償却が可能となる『中小企業等経営強化税制』と、それを可能にしてくれる『自家消費型太陽光』についてご紹介します。

2017/09/08/

改正FIT法の最新情報はチェックしていますか?

2017年8月31日、FIT法が更に改正されたことはご存知でしょうか。

今回の改正で最も注目されているのが、増設への対応です。
なんと認定後に過積載などを行うためにパネル増設した場合、新たな変更手続きが必要になり、売電単価も最新の価格が適用されるようになってしまったのです。

2017/08/21/

分譲太陽光、その利回り水増し表記かも?見極めのコツは

分譲太陽光、利回りの水増しが横行しているようです
太陽光発電に適した土地を探すのが難しくなってきているといわれています。
そんな中、人気を集めているのが分譲太陽光です。
分譲太陽光は、設備設計などに時間をかけられないという方にも人気で

2017/08/01/

低圧太陽光、事業計画変更届出及び変更認定申請について

平成28年度までに旧制度での認定を受け、既に売電を開始している発電事業者は、新制度での認定を受けたものとみなされ、「みなし認定」と呼ばれます。

現在、みなし認定をしてもらうのにかかる審査期間が2ヶ月以上かかっている状況です。みなし認定手続きが終わらないために、事業者が事業計画の変更届出及び変更認定申請を行いたくてもできないという事態が発生しております。

2017/07/14/

PV Japan2017 レポート2 これからの太陽光発電事業に必要な事

3日間に渡ってのセミナーに加えて多くの企業から、これからの太陽光発電を担う新製品の数々が展示されました。

来場された方々は、再生エネルギーが新たな普及ステージに立っていることを今回のイベントで明確に実感できたことでしょう。

せっかくなので、会場で展示されていたものを各メーカーごとにいくつか紹介させて頂きたいと思います。

2017/07/12/

PVJapan2017 レポート 1 大きな分岐点、売電から自給へ

各ブースに国内・海外メーカーの太陽光パネルやパワーコンディショナ、蓄電池など、真新しい関連商材が立ち並ぶ中、ひときわ人だかりができていたのが、株式会社資源総合システムが講演する「出展者セミナー」でした。

「世界潮流となった太陽光発電市場の見通し ~今後のビジネス展開に向けて~」と題して、世界と日本の「太陽光発電市場の現状と見通し」について講義が行われていました。 その中で「国内における太陽光発電の課題」について考察していきたいと思います。

2017/07/12/

豪雨エリアの発電所、災害時の対処は?JPEAから注意喚起

九州地方を襲った記録的な豪雨による避難者は2017年7月11日現在1800人以上にものぼっていて、未だ孤立状態の方もいるなど深刻な状況です。

この豪雨を受け、JPEAより太陽光発電設備の水害に関する注意喚起がなされています。 これだけの大雨ですから、太陽光発電所にも何らかの影響を与えている可能性があります。 太陽光発電所をお持ちの方は、大雨の際にどんなことに気をつけるべきなのでしょうか。 JPEA(太陽光発電協会)から発信されている情報をもとに、重要な点をまとめます。

2017/07/05/

パワコンごとに異なる出力制御周辺設備を一覧で解説

九州電力が出力制御の対応を要請するDMを送付したことで、 対象エリアでは多くの発電事業者様が対応に追われているようです。 抑制対、パワーコンディショナだけではなく、

『出力制御ユニット』などその他の設備も導入する必要があるのですが、 準備はお済みでしょうか?
しかも、出力制御ユニットなどの設備は、 パワコンのメーカーごとに対応しているものを選ばなければなりません。 「うちのパワコンにはどの出力制御ユニットを導入したらよいの?」

2017/06/22/

至急提出を!みなし手続き、申請から2ヶ月以上かかる?

現在みなし認定となっている方、移行手続きはお済みですか?

書類の提出期限は平成29年9月30日ですが、 実は提出してからかなり手続きに時間がかかっているようで、 のんびり構えていると、後々間に合わない事象が発生する危険性があります。 事業計画を提出しなければならない理由 平成29年4月1日施行の改正FIT法により、