> 社会的責任(CSR)について

不動産会社の方へ
工事を考えられている方へ
運営サイト案内
住宅カルテについて
よくある質問
CSRについて
運用サイト紹介
屋根相談・見積もりドットコム
産業用太陽光発電
ホームインスペクション
家庭のエネルギー相談窓口

住宅工事の活性化を図るために市場の最適化を行う

日本住宅工事管理協会では

  • お客様(工事を行う方)
  • 施工会社
  • 市場
  • 従業員
  • により高い価値を提供することを通じて、住宅工事市場の最適化を行っていく事
をCSRの定義と定め、市場の架台かけ何時に通じる様々な施策を行っております。

 

CSRの具体的な取り組み

住宅カルテは住宅履歴情報ともいい、当協会では作成を推奨しています。

※住宅カルテと呼んでいるのは覚えやすく、なじみやすいためです

 

住宅カルテは、大切なご自宅の物件価値を明確にするもので、次の情報を長期にわたり保存・蓄積していきます。

 

(1) お客様に対しての取り組み

住宅工事に関する様々な情報提供を行うとともに、説明会、相談会などを定期的に行うことで工事に対しての適切な情報提供の機会創出に努めています。

 

(2) 施工会社に対しての取り組み

優良な業者と認められる企業に対して、協会認定の証書を付与します。

また、工事技術の取得、営業機会の創出、お客様との信頼関係の構築を行っていくためのアドバイスを行うことで、優れた工事会社が元気に活動することが出来るように努めています。

 

(3) 市場に対しての取り組み

工事を必要としている人が「適切な時期」に「適切な工事」を「適切な価格」で受けられるよう、業者の認定制度を導入し、本当に優良な企業が工事を行える仕組みづくりを行います。

 

従業員とともに

従業員の一人ひとりは自分の能力の成長を感じながら、モチベーション高く新しい価値を創造できるような職場環境づくりを目指します。

日本住宅工事管理協会は

  • お客様
  • 施工会社
  • 市場
  • 従業員
とともに成長していくことに全力を尽くし、住宅工事の活性化を図るために市場の活性化を行ってまいります。