> 当協会の役割

住宅工事に関わる全ての人が幸せになる社会を目指して

・社会的な役割

 

社会的な役割

 

日本住宅工事管理協会は、「指定優良業者」の認定業務をメインに行っている協会です。

工事を行いたい人(施主様)と工事を行う業者(施工業者様)、どちらも安心して工事を行える社会を目指しています。

 

・施工業者にとっての役割

 

施工業者にとっての役割

 

当協会の認定を取得することで、適切な工事を適正な価格で行っている優良な業者が埋没しない社会を目指します。
また、当協会へご相談いただいた施主様との最適なマッチング、コンサルティングやセミナーなどを行い、より安心して経営に取り組めるようお手伝いいたします。

 

・工事を受ける方にとっての役割

 

工事を請ける方にとっての役割

 

不明瞭な部分が多いと言われる住宅工事において、本当の意味で「優良な業者」の手によって施工が行われるよう、当協会が「指定優良業者」として認定している会員業者のご紹介を行っています。